[2019年でも有効??] 最速でハイスコアを狙う古くから伝わるTOEIC勉強法

資格の勉強、第3弾。

当面、資格関連はこれでラストなので安心してくれ給えw

TOEICは2010年に一度だけ受験した(IPで965点)がそれなりに勉強して臨んだ。

俺の場合、留学期間が7年あり、アメリカの大学を卒業しているのでそもそも勉強しなくても満点近く取れて当たり前と思ったそこのあなた。

俺にそんな英語力はない。残念ながら。

英語も日本語も苦手である。

全く勉強せずに模擬テストみたいのを受けたら確か700点代レベルで愕然とした。

リスニングで聴き取れない部分もそれなりにあったし、文法を理解していない部分もあった。

色々と試した勉強法(回り道)

基礎を復習するために参考書や単語帳を買ったが正直時間の無駄。

特に単語帳。

TOEICに出てくる単語はビジネスシーンで使われるシンプルなものが多いので「実際に問題を解きながらわからない単語が出てくれば確認する」で充分と感じた。

アメリカかどこかの出版社の英語問題集(※後述する公式問題集ではない)も試したが本番のテストとはリスニング問題を読み上げるタイミングが違ったりと今ひとつしっくりこなかった。

TOEICはテストである以上、傾向があり、問題形式自体にも慣れる事が大切。

それらを抑えて効率よく勉強しなければ、いくら文法力を磨いたり、単語を覚えてもなかなか点は伸びない。

最速でハイスコアをとるためには?

TOEIC公式問題集

俺が受験した時から、試験形式が変わり問題も年々難化傾向にある様だが、公式問題集に対するレビューを見る限り今でも有効な模様。

TOEIC公式問題集のAmazonレビューでは990点満点をとった方が”公式問題集のみを繰り返し解いた”と書いてあったので愚直に真似した。

ポイント

◉新しい公式問題集から解いていく。

◉完全に理解して正解していない問題以外は正解してもきちんと解説を読み完全に理解する。(これもレビューに書いてあったかもw)

繰り返していくうちに解説を読む問題が減ってくるのが分かる。

そして、それを積み重ねていく事で、似た様な問題が出た時に確実に解ける様になる。

他の参考書などは完全に無視してOKと言うか公式問題集をとにかく完璧にこなすべき。

「公式問題集の値段が高い」と言う声も聞かれるが、ハイスコア獲得に直結し勉強時間を節約できるのでむしろコスパは抜群によい。

特に別の勉強法でスコアが伸び悩んでいる方は試す価値あり。

※解説を読んでも理解が一向に深まらない方は別途学習が必要になるかも。。。