「ださいたま」に住みたくなる理由を5つのダサい理由から考えてみた [塩顔好きにオススメ]

NAVERまとめより、なぜダサい?埼玉県が「ださいたま」と呼ばれてしまう5つの理由

埼玉県が「ダサい」といわれる理由から逆に住みたくなる理由をマジメに考えてみた。

観光スポットがほとんどない

観光スポットは住むのに不向き。

例えば、世界2位の観光大国スペインはバルセロナ。

バルセロナの住民たちはどんちゃん騒ぎしたりする観光客たちに疲れている。
(極端な例ではあるが)

安定して住むのには観光スポットからはむしろ離れていた方がよい。

逆に埼玉県内から車などで少し足を伸ばせば渓谷がキレイな長瀞や小江戸といわれる川越をまんきつできる。

全国的に有名ではないかもしれないが、「近くにあるからこそ行ってみたい」、あなたのお気に入りの場所がみつかるかも!

海がない

島国の日本で海に面していないのはむしろ貴重

海の近くで育ち、磯のにおいが好きで、近くで上がった地元の海鮮を毎日食べたい、「サザエさん」が大好きな方には不向き。

逆に海のにおいがむしろ好きじゃないし、海よりも山川が好きな方には埼玉はオススメ!

沿岸部にくらべると、塩害や津波のリスクも低そうだし。

ものすごく有名な名産があまりない&特色がうすい・自慢できるもの、場所が少ない

街のカラーがないのが武器。

例えば、埼玉西武ライオンズのライバル球団、福岡ソフトバンクホークスがある福岡市。
ミズカミは実家が福岡県にあり、福岡市は食べものもおいしく、とてもよいところだ。

そして、福岡といえば、とんこつラーメン。

ミズカミはとんこつラーメンがむちゃくちゃ好きだが、店によっては「とんこつスープのにおいがキツい」と感じる。
東京にも進出している一風堂や一蘭とは比べものにならない。

福岡の人からしたら当たり前すぎて気にもならないだろうけど、「あ、このにおいムリ。」って人もいるだろう。

また、福岡市には独特で濃厚な福岡っぽい空気感があり、それにも合う、合わないがあると思う。

いずれにしても、福岡市の人口は増え続けており、その特色は多くの人に愛されている。

逆に埼玉の場合、都心と比べると時間の流れはゆっくりでガツガツ感は低い。
そして、特色がないからこそ誰でもなじみやすい

埼玉は塩顔好きに向いてるかも。

すぐ東京(池袋)を利用する

埼玉県東部を走る東武線など以外はだいたい池袋を通るのでアクセスに便利。

大宮を集合場所にすると、私鉄からのアクセスが悪いので池袋が集まる場所になると思われる。

池袋への依存度は高いかもしれないが、埼玉県の多くの駅から池袋へのアクセスが抜群によいともいえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です